喜怒哀楽があるけれど!

マッサージ師になって、10年以上になるものの、まだまだ勉強の日々を送っています。
マッサージ師を長くしていると、利用者様とも親しくなり家族のようになることもしばしばです。
だからと言って、馴れ合いにならないように気をつけつつ、上手な関係の築きかたを模索しています。

毎日、違う利用者様のところへ、お邪魔しているとキレイなお宅やそうでないところを見ると、自分の家はキレイにしないといけないなとつくづく思いました。
おばあちゃんのところに行くと、いろいろと家事のことも教えてくれることもあったり、おかずのデパートリーが増えることもあったりで、年の功だなと思う反面、もっと便利な物があるんだけどと思ってしまうこともしばしばです。
年齢が上がれば上がるほど頑固になって、ものすごくプライドが高い人がいらっしゃるので、そんな時にもどうしていいかわからないしで、職場の人に愚痴を言ってはストレス発散をしています。
基本的には、とても良い方ばっかりですが、たまにいらっしゃるのが残念ですね。

マッサージ師は、1対1のことが多いので相性が合わなかったら、そこのお宅に行くのが苦痛になってしまいます。優しい方ばっかりではないですからね。
たまに、お茶をお呼ばれして楽しくおしゃべりしたり、昔話を聞くのも以外と面白いんです。あと戦争の時のお話は勉強になることばっかりですね。

自分の知らない時代のことですし、目が輝いている方もいらしゃいます。
昔話で元気を取り戻してくれれば嬉しい限りです。